子供の英語教育について。

子供の英語教育についてですが、実は一概にこれが正しいと言えるものは無いと思います。例えば、私自身、イギリス人ハーフの子供がおりますが、日本語はあまり話せません。小さい頃、5歳位までは日本語が殆どでしたが、それ以降は英語オンリーです。しかし、大学に入って専門学部以外に日本語を選択してから、日本語が伸びました。これを反対に考えると、自分で興味を持った時点から始めても伸びる可能性があるという事です。ただ、小さい頃からどっぷり語学の教育をした方が、それはレベルが格段に違ってくるのも事実ではあります。けれど、子供の性格にもよります。小さい頃からどっぷりしても、それをすんなり受け入れられる子供だけではなく、拒否する子供もいる訳です。私の周囲には色んな人がいます。何十年外国に住んでいても英会話が上手くない人もいれば、一度も外国に行った事が無いのに流暢に話せる人もいます。センスとか耳が良いとか、頭が良いとか、そこには色んな要素も加わります。もう一つ努力だけで100%・・・とは言えないのが英語に限らず、語学だと思います。なので、自分の子供に合った、あるいは自分に合った方法で、到達したいレベルも人それぞれでしょうから、人と比べないで学ばせる、学んでいく事が大事だと思います。